龍口明神社

概要
クチコミ
基本情報
クチコミ
  • 口コミ: 12件(Google)
  • location_on神奈川県鎌倉市腰越1548-4
  • train湘南モノレール「西鎌倉」駅より徒歩約5分
  • currency_yen現金
  • calendar_month 営業時間
    曜日 午前 午後
    全曜日9:00〜17:00

龍口明神社の基本情報

domain名称龍口明神社
church主祭神玉依姫命、五頭龍大神
text_to_speech名称(かな)りゅうこうみょうじんじゃ
map住所神奈川県鎌倉市腰越1548-4
train最寄り駅湘南モノレール「西鎌倉」駅より徒歩約5分
local_parking駐車場あり
location_on地図Google Map を表示する
call電話番号0467-32-0833
desktop_windows公式サイトhttps://gozuryu.com/index.php
currency_yen支払方法現金

龍口明神社の対応項目

対応 名称 説明文
金運・仕事運・商売繁昌「金運・仕事運・商売繁盛」は、豊かさや成功を願う人々が信仰する神仏の力で、それぞれ財運、成功・昇進、商売繁盛をもたらします。
ご祈願「ご祈願」は神社や寺院で行われる祈祷のことです。健康や幸福、成功や安全、災難の回避などを祈ります。
御守り「御守り」とは、神社や寺院などで購入できる守護符です。御守りには、身を守るためのものや、願いを叶えるためのものがあります。
子授け「子授け」とは、神社やお寺で願う御利益の一つで、子どもを授かることを祈願するものです。一人目の子どもを授かる際を子授け、二人目以降の子どもを授かる際を子宝と表現しています。
安産「安産祈願」とは、出産時の安全を祈願するものです。女性が安産するための祈願が中心です。子どもが生まれた後に御礼参りをする人も多く、感謝の気持ちを込めて参拝します。
子宝「子宝祈願」とは、子どもを授かることを祈願するものです。男女問わず子どもを授かるために参拝する人も多く、古くから大切な御利益のひとつとされています。一人目の子どもを授かる際を子授け、二人目以降の子どもを授かる際を子宝と表現しています。
縁結び「縁結び祈願」とは、結婚や恋愛にまつわる縁を結ぶことを祈願するものです。男女問わず、素敵なパートナーと出会い、幸せな結婚生活を送るために参拝します。
健康・病気平癒「健康・病気平癒祈願」とは、病気やケガの平癒や健康を祈願するものです。身体的な健康はもちろん、心の健康も含まれます。
交通安全「交通安全祈願」とは、交通事故や災害から守ってくれるよう祈願するものです。自動車、バイク、自転車、歩行者など、あらゆる交通手段を利用する人々が、安全で快適な移動をするために参拝する人も多いです。
家内安全「家内安全祈願」とは、家族や住まいの安全を祈願するものです。災害や犯罪などから家族を守り、安心して暮らすために参拝する人も多いです。
心願成就「心願成就祈願」とは、願いを叶えることを祈願するものです。受験合格や就職、健康回復など、様々な願いを持つ人々が参拝し、願いが叶うよう祈願することができます。
七五三「七五三祈願」とは、子どもの健やかな成長を祈願するものです。七歳、五歳、三歳の子どもたちが参拝し、無病息災や学業成就、家族の幸せなどを願い、祈願することができます。
初詣「初詣」とは、新しい年を迎え、無病息災や商売繁盛、学業成就など、様々な願いを持つ人々が参拝し、神社やお寺からも新しい年に向けた祈りが捧げられます。

龍口明神社の口コミ

子授かりネットワークの口コミ

comment口コミを投稿
  • 口コミはまだありません。

Googleの口コミ

  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    Junichi Lukeさん 2024.02.24
    湘南モノレール西鎌倉駅より東へ10分ほど。
    御祭神は玉依姫命。
    欽明13年(552年)、山となった五頭龍大神を祀る為に創建され、子死方明神や白鬚明神と言われた。養老7年(723年)弁財天の木像は江島神社へ、玉依姫命と五頭龍大神の木像は白鬚明神へと納められた。これにより白鬚明神から龍口明神社へと名前が変えられた。創建当時は龍口山の龍の口に当たる場所にあったが、昭和53年(1978年)に龍口山の龍の胴に当たる現在地に移された。内社として経六稲荷がある。経六稲荷は現在道路を挟んで、龍口明神社と並んでいる。
    御朱印は龍口明神社と内社である経六稲荷を含め、10種類ほど書き置き(印刷?)のものが用意されている。私は龍口明神社の御朱印6種と経六稲荷の御朱印を頂いてきた。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    小畠チャコ婆さん 2024.02.15
    鎌倉高校前駅から徒歩で20分位です。静かな住宅地にあり、辰年メインでの訪問、観光地ではないため落ち着いて参拝することができました。

子授かりネットワークの口コミ


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xb871158/kosazukari.com/public_html/wp-content/plugins/baby-custom/inc/replace-single-facility.php on line 1245
comment口コミを投稿
  • 口コミはまだありません。
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    Junichi Lukeさん 2024.02.24
    湘南モノレール西鎌倉駅より東へ10分ほど。
    御祭神は玉依姫命。
    欽明13年(552年)、山となった五頭龍大神を祀る為に創建され、子死方明神や白鬚明神と言われた。養老7年(723年)弁財天の木像は江島神社へ、玉依姫命と五頭龍大神の木像は白鬚明神へと納められた。これにより白鬚明神から龍口明神社へと名前が変えられた。創建当時は龍口山の龍の口に当たる場所にあったが、昭和53年(1978年)に龍口山の龍の胴に当たる現在地に移された。内社として経六稲荷がある。経六稲荷は現在道路を挟んで、龍口明神社と並んでいる。
    御朱印は龍口明神社と内社である経六稲荷を含め、10種類ほど書き置き(印刷?)のものが用意されている。私は龍口明神社の御朱印6種と経六稲荷の御朱印を頂いてきた。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    小畠チャコ婆さん 2024.02.15
    鎌倉高校前駅から徒歩で20分位です。静かな住宅地にあり、辰年メインでの訪問、観光地ではないため落ち着いて参拝することができました。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    國安利枝子さん 2024.02.11
    鎌倉最古で日本唯一の五頭龍大神を祀り、江島神社の弁財天様と夫婦であるとの事。龍神様🐉好きの私は参拝したくご挨拶に伺いました。御神木は大きくて、優しく包んでくれる寛大さがあり、像は新しく力強い佇まいでした。たくさんのお力を戴き、これから元あった龍口寺に行ってきます。
    ありがとうございました😊
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    よしみさん 2024.02.09
    天女と五頭龍の伝説では、鎌倉では昔、五つの頭を持つ龍がいて悪行を重ねていました。そこへ舞い降りた天女に恋心を抱いた五頭龍に、天女が悪行をやめさせ夫婦となったと言われているそうです。この五頭龍をまつっているのがこちらだと知り、伺いました。
    平日の11時過ぎに伺いましたが、人が途切れる事なく参拝に訪れていましたが、とても静かで清々しい感じのする神社でした。木々の葉擦れの音がとても心地よく、予定よりのんびりしてしまいました。
    五頭龍は見る角度によって雰囲気も違い見応えがありたした。
    御朱印はかなり種類があり、とても迷ってしまいました。書き置きでしたが、日付を書いて頂きました。
    社務所は本殿に向かって左手にありました。
    こちらで経六稲荷の御朱印も頂けました。
    私は神社では初めてみたのですが、参拝の時に犬を繋いでおく場所が五頭龍の直ぐ傍にありまさした。
    時間が合えば、西鎌倉駅前の津村バス停から、江島神社の青銅の鳥居の直ぐ傍の江ノ島バス停までバスが出ていて夫婦参拝に利用すると楽だと思います。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    なかいまさん 2024.01.18
    龍族の玉依姫様、江ノ島の辯財天様と御夫婦の五頭龍様が御祭神。腰越の小動神社での湯立神楽を堪能してから広町緑地経由で参拝した。今年の干支は辰年。近くにモノレールの駅もあるので今年は多くの参拝者があるだろう。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    kumara熊さん 2024.01.07
    高級住宅街の中にあり、普段は空いていてゆっくりお詣り出きますが、この時期はかなり混みますねぇ😅。
    かと言って、何時お詣りしても何時も掃き清められていてスッキリできます。
    思い違いで無ければ、宮司さんはこの神社に来る前に、江の島神社に居られたとか。その時の江の島神社は見開きの御朱印が有りましたねぇ。
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    がちゃシンさん 2024.01.05
    五頭龍が住む神社⛩
    鎌倉深沢に住んでいて村人に悪さばかりしていたらしく 腰越とゆう地名子供を食べていたことから子死越と呼ばれていたらしい悲しむ天女(弁天様)に恋をした五頭龍は心を改め村人を守るようになり天女と結婚し山(龍口山)となり村を守っているみたいです *60年に一度御開帳があり江ノ島の弁天様に会いにいくそうです
    ______________________________ ✍🏻
    *江ノ島神社⛩と龍口明神社⛩
    同等のパワースポットであり
    この2社を江ノ島へ来たら必ず同時に参拝するようにすると五頭龍大神と弁天様が結ばれご利益が有ります☮️
    ( ˙ᵕ˙ 🙏)
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    佐藤章さん 2023.12.10
    江ノ島の弁天様と縁がある神社でした。
    鎌倉で最古の神社だそうです。
    閑静な住宅街の中に立派な神社があります。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    小柴喜八郎さん 2023.11.14
    御神木にカメラを向けると太陽の光が結界のように写りました。なにか龍神様が居るかのような物凄パワーを感じる場所。

    五頭龍さんの像はキングギドラみたいでカッコいいのですが残念な点は背景が家、、、まぁ住宅街のど真ん中なので仕方ないのですが立派な像なのでどうせなら設置場所を考えて欲しかった。
    それかのぼり旗を高くして写真撮っても住宅が映り込まないように工夫出来ればいいなと個人的に思います。

    昨今の龍神ブームで参拝客も結構いたので駐車場か休憩所にでも自販機を設置して欲しい。
    近隣の住宅街にもなかったので、、、
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    がちゃシンさん 2023.10.08
    五頭龍が住む神社⛩
    鎌倉深沢に住んでいて村人に悪さばかりしていたらしく 腰越とゆう地名子供を食べていたことから子死越と呼ばれていたらしい悲しむ天女(弁天様)に恋をした五頭龍は心を改め村人を守るようになり天女と結婚し山(龍口山)となり村を守っているみたいです *60年に一度御開帳があり江ノ島の弁天様に会いにいくそうです
    ______________________________ ✍🏻
    *江ノ島神社⛩と龍口明神社⛩
    同等のパワースポットであり
    この2社を江ノ島へ来たら必ず同時に参拝するようにすると五頭龍大神と弁天様が結ばれご利益が有ります☮️
    ( ˙ᵕ˙ 🙏)
  • 5 out of 5 stars (5 / 5)
    yoshihideさん 2023.10.03
    二度目の参拝です。江島神社に参拝されたら、此方の龍口明神社にも参拝されると良いと言われます。
    江ノ島神社の弁天様とご夫婦の明神社(五頭龍大明神)です。
    車ではナビが案内してくれるので、割りと難なく行けます。
  • 4 out of 5 stars (4 / 5)
    ののののりちかさん 2023.05.13
    住宅街にポツンとある神社。
    御朱印は書置きのみのようでした。
    五頭龍が、こちらをみてます。
    御神木も立派でした。
    神社の脇に駐車場もありました。

料金表

名称 料金
玉依さま幸福守1,000円